鳥取県にある医学部予備校で受験勉強をしていた時のことについて

私が医師を志すきっかけ

私は高校卒業まで実家のある鳥取県で暮らしていて、卒業と同時に都内にある大学に入学しました。
私は医師になるために医学部に入って勉強しているのですが、色々と大変な毎日を送っています。
それでも病気で苦しんでいる人を救いたいと言う思いから医師を志しているので、その目標を実現するためにも毎日懸命に勉強しています。
私が医師を志すきっかけになったのは、幼少の頃大病を患って大変な思いをしていた時に素晴らしい医師に巡り合ったことです。
そのことがあって将来医師になりたいと思い子どもの頃から懸命に勉強していたのですが、高校に入ってからもなかなか成績が上がらずに大変苦労をしました。
学校の先生からは医師を目指すのをやめて他の道を選ぶことを勧められたのですが、目標を見失ったら私はどうしたら良いか分からないと思い今が踏ん張り時だと考えました。
そのため後で後悔しないためにも兎に角頑張ろうと思って、遊ぶ時間を減らして一生懸命勉強することにしました。
私はその予備校に行って担当の人と話しをしたのですが、そこでは担任制を採用していて個々人に合ったカリキュラムを作成してくれることが分かりました。

私が医師を志すきっかけ | 独学で医学部受験の勉強をするのはとても難しい | 思い歯を食いしばって頑張った予備校